メニュー

スパイス薬膳

五千年前からインドに伝わる伝統医学「アーユルヴェーダ」にもとづき、季節ごとの体調にあわせてスパイスで作るお弁当。

香取薫

インド・スパイス料理研究家

香取薫監修

食べる潤い
  • 有機野菜使用
  • 無添加
  • 曜日限定
  • 伝統製法調味料
  • こだわり
  • ❶食前の生姜

    岩塩とレモン汁で和えた生姜を食前に。消化力がUPします。

  • ❷パプリカとかぼちゃのサブジ

    サブジとは、野菜のおかずのこと。ターメリックやシナモンなどのスパイスに加え、スリランカのトゥナパハを使うことで生まれる独特の風味が美味。かぼちゃの皮に含まれる「苦み」も体を元気にしてくれます。

  • ❸キャベツのポリヤル

    南インド式の炒め物ポリヤルを春キャベツで。二種類の豆に加え、香りの決め手のハーブ「カレーリーフ」を使用。

  • ❹生姜と緑豆のご飯

    豆の中で一番消化の軽い緑豆、さらに消化を進める生姜、そして最近話題のスーパーオイル「ギー」を使って炊きあげた、風味豊かなご飯。

  • ❺ビーツのコロッケ

    ビーツはアカザ科でほうれん草の仲間でポリフェノールで鉄分たっぷり。アーユルヴェーダでは「食べる輸血」と呼ばれています。色素も砂糖も不使用。

  • ❻青菜のカシミール炒め

    マスタード香る青菜炒めはヒマラヤ地方の味。

  • ❼オニオンアチャールめ

    アチャールとは、野菜とお酢で作るインドでは定番の漬物。酸味とハーブの風味がオニオンとベストマッチ。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。