メニュー

スパイス薬膳

五千年前からインドに伝わる伝統医学「アーユルヴェーダ」にもとづき、季節ごとの体調にあわせてスパイスで作るお弁当。

香取薫

インド・スパイス料理研究家

香取薫監修

食べる潤い
  • 有機野菜使用
  • 無添加
  • 曜日限定
  • 伝統製法調味料
  • こだわり
  • ❶食前の生姜

    岩塩とレモン汁で和えた生姜を食前に。消化力がUPします。

  • ❷冬瓜とズッキーニのカレー

    冬瓜と岩塩で体の中の熱を抑えます。冬瓜の種とワタも細かく混ぜているのでデトックス効果も期待できます。レンズ豆のトマトキチュリーにかけると美味しさアップ。

  • ❸ポテトマサラ

    カレーリーフの香りがじゃが芋の甘味を引き立てています。脳の若返り食材として注目されているスーパーオイル「ギー」と、消化不良や二日酔い予防に効果があるターメリックが入っています。

  • ❹なすのボッダ

    高温多湿のベンガル地方で食べられる茄子の和え物です。マスタードオイルの風味がよく、体の熱を上げすぎないように韓国唐辛子を使用し、消化剤の役割に胡椒を使って体をケアしています。

  • ❺ズッキーニチャトニ

    インドの最南端の東側にあるタミル・ナドゥ州の辛いソースを日本人向けにやさしい味にしました。

  • ❻レンズ豆のトマトキチュリー

    キチュリーとはインドの豆粥です。南インドのカルナータ州の料理で、レンズ豆とトマトでさっぱり仕上げています。酸味とわずかな辛味が暑い季節に食欲を出してくれます。豆はお腹の中でガスを生むのでヒーングというスパイスがお腹のケアをしてくれます。

  • ❼ゴーヤのアチャール

    酸味と苦みをスパイスの力でまとめたパンチのある一品。高温多湿なインドのケーララ州の家庭でよく作られる漬物です。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。